キャバクラの給料システムは全国的に様々な形態があります。
特にキャバクラ未経験の方にとっては、キャバクラの仕組みはなかなか理解しずらいものです。
今回は京都のキャバクラの給料システムについて説明します。
これを読めば、キャバクラの仕事が高収入になる理由がわかるはず!

一般的なキャバクラの給料システムの仕組みって?

京都のキャバクラの求人を探すのに、どれだけたくさんの求人を見ても、お店の給料システムがわかっていないと、選びようがないですよね。

一般的には、キャバクラの給料は時給とバックシステムの合計から、経費と源泉徴収を引いたものが手取りになります。
経費と言うのは、レンタルドレス代や送迎代です。
キャバクラの求人を探す時には、給料システムの違いによって働き方も変わってくるため要チェックです。

キャバクラの時給って?

キャバクラの給料システムは「ポイントスライド制」「売上スライド制」「ポイント+売上スライド制」の3つに分けられます。
京都のキャバクラは、ポイントスライド制か売上スライド制のどちらかを採用しているところがほとんどです。

ポイントスライド制は、キャバ嬢それぞれの本指名、場内指名、同伴などをポイント換算して、ポイント数によって給料が上昇していく給料システムです。

ポイントのカウントは1時間ごとで数えられることが多く、例えば本指名を延長3時間取れれば3ポイントが付くといった感じです。
集計期間のポイント数によってポイントが決まるため、指名や同伴の数が時給に影響します。

それに対して売上スライド制は、本指名での合計売上によって給料が上昇していきます。
売上が上がれば上がるほど高収入になるというわかりやすいシステムです。
ポイント制と比べて、指名が少なくても1回の接客で売り上げを上げさえすれば、大きく給料アップにつながるというメリットもあります。

キャバクラのバックシステムって?

バックとは、キャバクラ特有のインセンティブシステムの事です。
時給とは別に発生するボーナスのようなもので、様々な種類があります。
キャバクラの仕事は、このバックで高収入を狙うことができます。
バックシステムの中でも一般的なものをいくつか紹介します。

まず、ほとんどのお店にあるのが本指名バックとよばれるものです。
本指名1本につき、500円から1500円ほどのバックが付きます。
京都の高級店の中には、1500円を超える本指名バックがもらえるお店もあるそうです。

また、同伴したことによってつく、同伴バックというのも非常に大きなバックです。
2000円程度のバックがあるので、同伴が多いキャバ嬢は高収入に繋がります。

その他、場内指名や場内延長、ドリンクなどにつくバックもありますが、京都のキャバクラではあまり一般的ではありません。
高時給を狙うか、バックを狙うかで、同じ高収入を目指すのでも働き方は変わります。
自分に合ったスタイルを見つけましょう!