京都のキャバクラの二大勢力といえば、祇園と木屋町です。
京都のキャバクラ求人を探す場合、このどちらかのエリアで探すのがおすすめです。
京都の二つの人気エリアのキャバクラの客層についてご紹介します。

全国から観光客が集まる祇園のキャバクラ

祇園は、京都一の歓楽街として全国的にも有名です。
キャバクラの数も圧倒的に多く、求人も常に一定以上の需要があります。

高級店が多いというイメージ通り、実際に時給も高めです。
高収入を狙いたいキャバ嬢なら、祇園は絶対外せないエリアでしょう。
だいたい、時給4000円からスタートし、中には時給1万円を超えるキャバ嬢もいるそうです。

常連さん以外お断りの高級店というイメージがありますが、実際には大衆店も多く、このエリアのキャバクラは観光客がメインです。

そのため、キャバクラ初心者でも働きやすい店もたくさんあります。
高級感があり、大人な雰囲気の店が多いのが特徴のため、客層も比較的落ち着いています。
お店の雰囲気に合わせ、しっとりと落ち着いた接客が求められる店が多いです。

活気あふれる木屋町のキャバクラ

木屋町は、京都を代表する歓楽街のひとつです。
京都の歓楽街の中でも敷居が低くて通いやすい雰囲気のため、観光客の多いエリアと比べて、地元の常連さんが多いのが特徴です。

また、年齢層は比較的若いお客さんが中心のため、賑やかで活気のあるキャバクラが人気です。
繁華街のキャバクラで年齢の低い客層だと、トラブルも多いのではないかと思われがちですが、アットホームな印象の店が多いため、それほど心配はありません。

木屋町は最近キャバクラの新規出店が増えてきたことで、求人が非常に多く、京都のキャバクラで働きたい方にとって狙い目です。
求人需要が高いため、比較的年齢が高くても採用されやすいというメリットもあります。

客層から選ぶならどっちがおすすめ?

比較的年齢層が高く、落ち着いた雰囲気のキャバクラで働きたいなら、断然祇園のキャバクラがおすすめです。
別の地域で働いていたキャバ嬢のステップアップにもぴったりです。
賑やかな雰囲気と若い客層のお店で接客したいなら、木屋町のキャバクラをおすすめします。

高級店特有の堅苦しい雰囲気がないので、気楽に接客することができるでしょう。
もちろん、どちらにもそれぞれ違った良さがありますので、自分に合った雰囲気のお店を選ぶ事が大切です。
体験入店などを通して、それぞれの場所の雰囲気を実際にチェックしてみましょう!

画像出典元:https://www.kyototravels.com/blog/rumorplazakyoto/