女の園であるキャバクラは、どろどろした派閥争いがあるこわーい場所というイメージがありませんか?
そんなドラマのようなキャバクラは、実は意外と少ないんです。
京都のキャバクラのほとんどの店は、キャスト同士の仲も良く、気の合う女の子同士で和気あいあいと接客しています。
気になる京都のキャバクラの派閥事情について調べてみました。

派閥ができやすい店の特徴って?


キャバクラの仕事は、売り上げを競う仕事でもあります。
そのため、ノルマがきつい店はどうしても成績による争いが激化し、キャスト同士だけでなく、黒服も巻き込んでグループ同士の対立が生まれる可能性が高まります。

特に有名店ほどその傾向が強く、京都のキャバクラの場合だと、祇園の有名店などはプレッシャーがかなり強い場合も。
お店のキャスト同士で切磋琢磨して売上アップにつながる場合はいいのですが、店の雰囲気をギスギスさせているようであれば、そうした店には入店しない方がいいでしょう。

働きやすいのはキャスト同士の仲が良い店!

同じキャバ嬢という仕事なら、やはり雰囲気が良い店で働きたいですよね。
気の合う女の子がいれば、仕事の悩みも相談しやすいし、楽しく働くことができます。
キャバ嬢同士の仲が悪い店だと、足の引っ張り合いやいじめがある場合もあります。
キャバクラで働く場合には必ず体入でその店の雰囲気を調べましょう。
自分が親しみやすく、気の合う女の子が多い店で働ければ、楽しくお金を稼げます!

派閥の少ないキャバクラを選ぶポイント

気持ち良くお金を稼ぐために、できればキャスト同士の仲が良い店を選びたいですよね。
京都のキャバクラ求人を見ると「派閥なし!」と書かれている求人もあります。
こうした店は、実際に和気あいあいとした雰囲気の店が多く、気楽に働けます。

お店選びのポイントとしては、まず新規オープンの店で、オープニングスタッフとして勤務することです。
既存店にありがちなのが、新人グループと古参グループによる対立ですが、オープニングスタッフならみんな平等です。
ナンバーも付いていないため、成績による対立もありません。

また、大箱のキャバクラの場合、どうしてもスタッフの数が多いため、自然とグループに分かれやすくなります。
それだけならいいのですが、人数が多ければそれだけ対立も起こりやすくなります。
少人数でアットホームな雰囲気を売りにしているキャバクラの方が、人間関係に気を遣う必要が少ないでしょう。

画像出典元:http://www.jobchalle.com/feature/5