キャバクラで仕事をするのに、働き方の違いがあるって知ってますか?
実は、キャバクラには「在籍」と「派遣」と呼ばれる2つの働き方があります。
今回は、この2つの違いを徹底的に調べてみました。

キャバクラの勤務形態ってどういう仕組み?

キャバクラの仕事の勤務形態に違いがあるというのは意外と知られていません。
在籍はキャバクラの一般的なイメージに近い勤務形態です。
1つの店に所属して、シフト制で出勤します。
給料も直接お店から支給され、系列店にヘルプで行くことはあっても、基本的には同一店舗で勤務します。
京都のキャバクラは、こちらの勤務形態の店の方が多いです。

派遣というのは、キャバクラ専門の人材会社と契約して、希望する日にシフトを入れて出勤するという勤務形態です。
1カ所ではなく、希望シフトによって様々な店に出勤するのが特徴です。
京都のキャバクラでも、派遣を取り入れている店が増えています。

収入面を重視するなら在籍キャバ嬢がおすすめ!


一般的なキャバ嬢として働くなら、同じお店でずっと勤務したほうがお得です。
在籍のメリットは、頑張った分給料に反映されるため、高収入が期待できることです。
自分の所属しているお店から給料を直接もらうので、指名、同伴といったバックがきちんともらえます。

また、ずっと同じ店舗に勤務するため、他のスタッフやキャストとの人間関係が築けるので働きやすいという点もポイントです。
お客様も常連さんが付いてくれればそれだけ指名にもつながりますし、キャバ嬢として稼ぐなら、間違いなく1カ所の店舗に所属して勤務する方が稼げます。

お店によってはノルマがあったり、指名や同伴を取るための営業活動が必要になるというデメリットもあったりします。
また、店の客入りが悪いと早上がりさせられてしまい、思ったほど稼げないということもあります。
ノルマやペナルティがあるのが嫌で、あえて在籍を選ばないというキャバ嬢も中にはいます。

派遣のキャバ嬢はノルマがないから働きやすい!


派遣のキャバ嬢と普通のキャバ嬢との最も大きな違いは、ノルマがない事です。
基本的に自分の希望スケジュールに合わせてヘルプで出勤するため、指名を取る必要がありません。

ノルマがないということは、キャバ嬢には付きものの営業活動をする必要もなく、気楽に働くことができます。
また、給料は基本的に全額日払いです。
固定時給制で、働いた分だけ確実にすぐ給料を受け取ることができます。

しかし、指名や同伴でのバックがない分、普通のキャバ嬢に比べて収入は低いのがデメリットです。
一般の仕事に比べれば時給は高いですが、収入には限界があります。
また、自機によっては自分の希望する日時に空いているお店が無く、シフトに入れないという場合もあります。