キャバクラには昼キャバと夜キャバがありますが、京都のキャバクラも営業時間によって昼と夜と働く時間を選ぶことができます。
どちらの時間帯もそれぞれメリットとデメリットがあります。
今回は、京都のキャバクラの営業時間について調べてみました。

無理のない生活習慣が魅力の昼キャバ


昼キャバの営業時間は、お昼頃から18時頃までです。
お昼を過ぎたごろから、夜キャバの営業が始まる直前までの営業というイメージです。
お店によっては早朝から営業する朝キャバを兼ねているところもあります。

昼キャバは一般の昼の仕事と同様の勤務時間なので、生活のリズムが無理なく働けるという点で人気です。
夜の時間に働いている方にとっては、昼キャバは飲みに行きやすい時間帯です。
そのため、夜キャバと違い、客層は同業者が多く、ホストやキャバクラのボーイさん達が中心です。

キャバクラといえばやっぱり夜キャバ!


キャバクラは夜がメインの仕事というイメージは根強いです。
実際、京都のキャバクラの大半は夜に営業する夜キャバです。
営業時間はだいたい夜8時頃から、深夜2時頃が中心です。
お店によっては明け方まで営業しているところもあります。

営業終了時間をラストと呼びますが、求人サイトにはラストの時間を書いていない事も多く、応募する際にはラストの時間を確認しておきましょう。
客層は一般のサラリーマンが多く、仕事終わりや飲み会の後にグループで来店するという感じです。

昼と夜どっちがおすすめ?

主婦や学生さんなど、高収入は欲しいけれど夜はなかなか働きに出られないという方には、やはり昼の時間帯の仕事が人気です。
また、朝起きて夜眠るという規則正しい生活が送れるため、体に負担がかからないというのも大きいです。

デメリットはやはり収入面で、どうしても夜に比べて時給は低くなります。
キャバクラの仕事はしたいけれど、どうしても夜は働けないという方には昼の方がおすすめです。

夜のメリットといえば、やはり高収入が期待できることです。
昼より時給が高いだけでなく、同伴などでバックが入りやすい時間帯なので、圧倒的に昼より収入は高くなります。

また、キャバクラは夜の方がお店も多いため、求人の多さも魅力です。
雰囲気や条件など、お店選びの選択肢の幅が広いので、自分に合ったお店を見つけやすいです。
夜中の飲食や、睡眠時間が取れないなど、不規則な生活は難点ですが、キャバ嬢として稼ぎたいなら、断然夜の方がおすすめです。