京都のキャバクラで求人を探すとき、有名店で働くのとニューオープンの店で働くのと、どっちがいいか迷う方も多いと思います。
どちらにもそれぞれメリットとデメリットがあるので、自分の働き方や性格に合わせて有名店かニューオープンの店かを選ぶべきです。
求人だけではわからない、有名店とニューオープンの店の違いについて調べてみました。

ニューオープンの店で働くのは意外と人気!


せっかくキャバクラで働くなら、有名店で仕事したいと思う方が多いイメージがありますが、意外にもニューオープンの店で働くのは人気なんです。
京都のキャバクラは、木屋町を中心にニューオープンの店が増えており、求人もかなりあります。

ニューオープンの最も大きなメリットは、人間関係ができあがっていない事です。
有名店になればなるほど、その店の人間関係はだんだん複雑になってきます。
ニューオープンの店なら、全員初対面のため、ゼロから人間関係を構築しやすいです。
また、新しい店をみんなで盛り上げていこうという気持ちから、団結力がアップします。
人間関係の働きやすさは、有名店よりニューオープンの店の方が断然上です。

逆に、ニューオープンの店のデメリットは、その店が流行るかどうかわからないということです。
ニューオープンの場合、店を盛り上げるためキャバ嬢も多いですが、売り上げが上がらなければ人件費削減のため早上がりさせられてしまいます。
さらに、当初の条件より給料システムが改悪されてしまうという可能性もあります。
売上によって良くも悪くも変化があるのがニューオープンの店の特徴です。

一度は働いてみたい有名店!


キャバ嬢にとって、有名店で働いてみたいというのは憧れです。
特に京都のキャバクラは、祇園をはじめとして有名店、高級店が数多くあります。

有名店のメリットは、やはり高収入が期待できることです。
人気が出れば出るほど収入に繋がるため、やりがいが大きいでしょう。
店の質も高いため、キャバ嬢としてはもちろん、女性としての気遣いやコミュニケーション能力などの力が身につくというのも大事なポイントです。

しかし、有名店で働くには、それなりの覚悟も必要です。
まず、採用のハードルが高く、容姿や経験がかなり重視されます。
また、有名店ではノルマも厳しく、成績によって収入と人気が左右されるため、人間関係がシビアです。

プロのキャバ嬢が集まっているため、自分もそれだけ気合を入れて働かないと、周りについていくのは厳しいでしょう。
人気が出たとしても、周りからのプレッシャーがあるため、本気でキャバ嬢として稼ぎたいという方でないと厳しい面もあるかもしれません。